シルバーアクセサリーブランドと天然石の販売/DREDLINE[ドレッドライン]千葉県茂原市アスモ

シルバーアクセサリーブランドと天然石の販売/DREDLINE[ドレッドライン]千葉県茂原市アスモ シルバーアクセサリーブランドと天然石の販売/DREDLINE[ドレッドライン]千葉県茂原市アスモ








アレックスストリーター エンジェルハートリングのサイズ直し修理
アレックスストリーター エンジェルハートリングのサイズ直し修理 アレックスストリーター エンジェルハートリングのサイズ直し修理 アレックスストリーター エンジェルハートリングのサイズ直し修理
アレックスストリーター エンジェルハートリングのサイズ直し修理 アレックスストリーター エンジェルハートリングのサイズ直し修理 アレックスストリーター エンジェルハートリングのサイズ直し修理

シルバーアクセサリーブランド「アレックスストリーター」のエンジェルハートリングのサイズ直し修理を承りました。大振りな樹脂製ストーンがサイズ直し泣かせなデザインです。
写真上中>樹脂製ストーンを外している工程、石枠を一周切り取り傷をつけないよう慎重にストーンを外していきます。
写真上右&下左>サイズ直しが仕上がったら切り取った覆輪を復元します。薄い925地金を必要分切り出し石がぴったりはまる大きさの円のパーツを制作。
写真下中>石枠の溶接を終え全体的な歪みや傷などを見ながら微調整を加え慎重に石留を行います。
写真下右>燻仕上げと鏡面仕上げを施して完成です。

特殊ストーン付きでなおかつブランド品の場合修理を断られるケースが多いですが当店では喜んでお引き受けしております。
エンジェルハートリングのサイズ不一致でお困りの方は是非一度ご相談ください。

目安金額 15000円





クロムハーツオイルライターの故障修理
クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理

シルバーブランドクロムハーツのジッポライターのヒンジガタつき修理&上フタのインナープレートの修理を承りました。
クロムハーツのジッポは肉厚な形状なゆえに重量感がありその重みがダイレクトにヒンジを劣化させてしまいます。使っているうちにだんだんとフタのガタがでてきます。ヒンジは通常シャフトの磨耗が多いです、その場合新しくピンを製作し打ち込み溶接でなめらかに処理すれば完成です。
上フタのインナープレートはインサイドユニットのカムを支えるプレートなのでこのインナープレートが壊れるとフタの開閉が機能しなくなります。
プレートを銀板で切り出し上フタに溶接します。このインナープレートとカムのあたり具合を近づけたり遠ざけたりすることで丁度よく開閉する位置を調整します。

目安金額
ヒンジ修理12960円
インナープレート作成 10000円
      




クロムハーツオイルライターの故障修理
クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理

工房ドレッドラインでは定番修理となってきましたシルバーブランドクロムハーツのジッポライターですが今回ヒンジのガタつき修理&着火率UPの修理を承りました。
クロムハーツのジッポは分厚い銀板で構成されていて重量感がありますがその重みがダイレクトにヒンジを劣化させてしまいます。使っているうちにだんだんとフタのガタがでてきます。
ヒンジは通常シャフトの磨耗が多いです。その場合新しくピンを製作し打ち込み溶接でなめらかに処理します。着火率低下の原因はフリントスプリングの劣化が原因です。
フリントスプリングは当店オリジナルの強化スプリングに交換すると火花がより多く発生し着火率を大幅にUPさせることができます。

目安金額
ヒンジ修理12960円
着火率メンテナンス  1000円





クロムハーツオイルライターの故障修理
クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理

クロムハーツのオイルライターの故障修理を承りました。修理内容はヒンジ修理。
ヒンジのトラブルは蓋の重みでシャフトが摩耗しグラグラになってしまうものです。グラグラのまま使用を続けるとホールそのものが拡張してしまいシャフトの交換だけでは修復できなくなり
ホール埋め直しから行うようになります。
たいていのオイルライターはホールの修理も必要とする状態になっています。

目安金額
ヒンジ修理12960円





ティファニーオイルライターの故障修理
クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理

ティファニーのジッポライターの故障修理を承りました。修理内容はヒンジ修理と蓋外れ、着火不良という3点。
蓋の外れは溶接のやり直しで解決。
ヒンジのトラブルは本体のホール側にひびが入っていましたので溶接によりホールの補修から行いました。
シャフトを単体で見てみると明らかな劣化で細くなっています。これを0.1mm太い銀の棒でつくりかえ挿入します。

着火不良の原因を探ります。オイルを入れてフリント、フリントスプリングを新品にしても火花が出ません。この場合フリントホイールというヤスリのついた親指で擦るパーツのザラザラがなくなってしまっていることが原因です。この場合インサイドユニットを新品に交換するしか方法がありません。

ビンテージ愛用者のために現在オリジナルのフリントホイールが作成できないか企画中です。おまくださいませ。






クロムハーツオイルライターの故障修理
クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理
クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理 クロムハーツジッポライター修理

クロムハーツのジッポライターの故障修理を承りました。修理内容はヒンジ修理とインサイトユニット抜けないという2点。
ヒンジ修理はヒンジシャフトを入れ直し溶接にて抜けないように加工しました。ふたを開けるとインサイドユニットがケースにぴったりとおさまっていて手で引っ張ってもインサイドユニットが抜けず、これではオイルが入れられず火がつかない状態になってしまいます。
この場合ケース内側を一周削りとり手で抜き差しできるよう調整します。
インサイドユニットの沈み込み量を調節し蓋の開閉が用意にできるよう調節します。
このジッポの場合ケースに対して深く入りすぎてしまいカムスプリングがうまく機能していませんでしたのでケースそこ面に5mmx5mm程度の銀板を張り付けインサイドユニットの底上げをしました。

目安金額
ヒンジ修理12960円






クロムハーツリングのカスタム
クロムハーツカスタム工房 クロムハーツカスタム工房 クロムハーツカスタム工房

クロムハーツのリング2点のカスタム加工を承りました。ペンダントの仕上がりに大変満足頂けたようで追加オーダーとなりました。ありがとうございます。
天然石をセットしk24ゴールドコーティングを行いました。
使用したストーンはアメジストとブルートパーズで本体に合わせて4mmの上質なストーンを選び留めました。
もともと燻のついたデザインでしたが下地処理を行い細部までゴールドのコーティングを施しました。






クロムハーツペンダントのカスタム
クロムハーツカスタム工房 クロムハーツカスタム工房 クロムハーツカスタム工房

クロムハーツのペンダントのカスタム加工を承りました。
天然石をセットしk24ゴールドコーティングを行いました。
使用したストーンはブルートパーズで本体に合わせて6mmの上質なストーンを選び留めました。
もともと燻のついたデザインでしたが下地処理を行い細部までゴールドのコーティングを施しました。







K18リングの修理
k18リングの修理を承りました。
石が取れてなくなってしまったのでリングの石枠穴に合わせてオニキスを特注研磨しました。
また、元の取り付けは接着だったのですが二次トラブルを防ぐため、k18で石枠を立て直しフクリン留めで強度も高めつつお直しいたしました。





シルバーウォレットチェーンの修理
シルバーウォレットチェーンの修理を承りました。
リンクパーツが経年劣化によりひび割れが起こりマルカンが千切れてしまっていました。
ちぎれた箇所を綺麗に整形し溶接してつなぎ合わせ燻し加工から鏡面仕上げまでを行い完成となります。





ハーレーZIPPOの修理
ハーレーZIPPOの修理を承りました。
開閉ヒンジのシャフトが折れてしまい蓋がとれてしまっていました。
長年使っているジッポの場合シャフトが磨耗し細くなっていることが良くあります。この場合もともとのサイズより0.1mm太いオーバーサイズのシャフトを圧入し完成となります。





銀ZIPPOの修理
スターリングシルバーケースZIPPOの修理を承りました。
開閉ヒンジが付け根から剥がれてしまい蓋が取れてしまっていました。
ヒンジと蓋を溶接して修理するのですが1mmでも溶接位置が狂うと蓋が開閉しなくなってしまう慎重な作業です。
スターリングシルバーのケースなので溶接後は鏡面仕上げで完成となります。





プラチナリングのリフォーム
プラチナリングのリフォームを承りました。
石の外れたハーフエタニティーと立て爪デザインのリングは普段使いにはもう使えないと言うことで、2つのリングを使って普段使い用のリングを1つ作ってほしいというご依頼でした。

レール留めだった留め方を爪留めに変更し平打ちリングに引っかかりが出来ないようデザインしました。





クロムハーツウォレットチェーンの磨き
クロムハーツウォレットチェーンの磨きを承りました。
特に破損もなく長年愛用されていたようですが銀特有の黒ずみがめだっていました。

傷取りはせずに、全体的にバフ仕上げで磨き上げました。





ウォレットチェーンのクリップ破損修理
ウォレットチェーンのバネ入りクリップ金具の修理を承りました。
クリップ内部でバネが破損している様子でパカパカ開いてしまう状態です。 
クリップをばらして新品のステンレスバネを組み込みますがばらす際に蓋をカシメているシャフト部分を削ってしまうため組み直すにはシャフトを再生しなければなりません。





テンダーロインのリングサイズ直し修理
人気ブランドテンダーロインのダラーリングの磨き直しを承りました。
愛用していると銀製品は傷が付いてしまいますが磨き直しで新品のような輝きを取り戻せます。





テンダーロインのリングサイズ直し修理
人気ブランドテンダーロインのホースシューリングの磨き直しを承りました。
愛用していると銀製品は傷が付いてしまいますが磨き直しで新品のような輝きを取り戻せます。





スタンリーゲスのジッポライター修理
人気ブランドスタンリーゲスのZIPPOライターの磨き修理を承りました。
愛用していると銀製品は傷が付いてしまいますが磨き直しで新品のような輝きを取り戻せます。ジッポは古くなると火のつきがわるくなりますが石を変えても直らない場合はフリントスプリングの劣化が原因の場合がほとんどです。当店オリジナルの強化フリントスプリングを組み込んでこのジッポも着火率が飛躍的にUPしました。





ブラッディーマリーのリングサイズ直し修理
人気ブランドブラッディーマリーのリングのサイズ直しを承りました。
写真のような複雑なデザインでもサイズ直しは可能です。
また石入りのデザインなどブランド側ではサイズ直しが不可能の場合も当店では加工可能な場合がほとんどです。
お気軽にお問い合わせください。





GORO's のベルトバックル修理
人気ブランドgoro's ゴローズのベルトバックル修理を承りました。
写真のようなプレート型のベルトバックルはベルトホールに入るピンが折れるケースが多いです。

ブランド側では修理不可能でもドレッドラインなら修理可能なケースが多くあります。
気軽にお問い合わせください。





クロムハーツとサーティーン のジッポライター修理
人気ブランドクロムハーツとサーティーンのzippoライターの修理を承りました。
サーティーンはケース本体と蓋が歪んでしまいしっかりと密閉しなくなっていましたが歪みを直して磨き直しました。
クロムハーツはヒンジ゙のピンが抜け落ちてしまい同じく密閉できないトラブルでしたが新しくピンを製作、打ち直し全体を磨きあげて仕上げました。
どちらも軽度のトラブルなので2〜3日で納品可能な修理となります。





クロムハーツのジッポライター修理
工房ドレッドラインでは定番修理となってきましたシルバーブランドクロムハーツのジッポライターですが今回も傷除去加工とヒンジのガタつき修理を承りました。

クロムハーツのジッポは肉厚な形状なゆえにへこみや傷が付き易く研磨だけで除去できるのは小さな傷のみです。大きな傷は銀ロウで埋めることも可能ですが別途お見積りとなります。
ヒンジは通常シャフトの磨耗が多いですが今回はシャフトを通す筒の磨耗もひどくシャフト交換&筒の修理もあわせて行いました。新しくピンと筒を製作し、打ち直し全体を研磨して仕上げました。





シルバーリングのストーン修理
マーキス型のターコイズが連続してセットされたインディアンジュエリーの修理を承りました。

1箇所石が外れてなくなってしまっているので、はめ直しになりますが定型サイズでないのでありあわせのストーンから目的のサイズに削り出しはめ込みます。
ターコイズはそのままだと日常使用する上で摩擦に耐えられず削れて劣化してしまうので表面を紫外線硬化樹脂でコーティングして完成です。

加工代 4000円




アルテミスクラシックのウォッチブレス修理
アルテミスクラシックのシルバー製ウォッチブレスの修理を承りました。
修理内容は
1、留め具の爪がパカパカになってしまった。
2、チェーンパーツの劣化切れ修理
3、電池交換
重みのあるシルバーのウォッチケースにたいしてチェーンパーツの関節部分は若干細見。
金属疲労での劣化切れをもとより肉厚に修理しておきました。






トップページよくある質問会社概要リクルートお問い合わせ copyrigth (c) DRED LINE all rights reserved